スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偏ったサイクルモード視察

何じゃかんじゃ言うてる間に11月になり冬の気配が感じられるようになりました。


11月といえば自転車に纏わる物としては最大級のサイクルモードと言うイベントが御座います。


自分も大体毎年視察的に見に行ってるのですが、今年は相談コーナーなるブースのヘルプで半日居てたのであまりゆっくりとは見れませんでしたが、私的に「オッ」と思った物も幾つかありました。


大手のブースの注目株やニューモデルなどは殆ど載ってませんので予めご了承を




先ずは久々に大阪にも出展してたモトクロさんのブースの個人的にも大好きSURLY BIKESのニューカマー
CIMG2656_R_470.jpg

 SURLYの中では極めて普通なMTBのTROLL  トロールって北欧の森の妖精の総称ですが山や森を走るバイクが故のネーミングなんでしょうか?

 確かにいいバイクだと思いますが注目すべきはその後ろに付いてる物々しい物体!
CIMG2657_R_470.jpg

引っ張るんやからトレーラーと呼んで間違い無いのですが、これは凄い!


a href="http://blog-imgs-38.fc2.com/b/i/k/bikingbiking/CIMG2658_R_470.jpg" target="_blank">CIMG2658_R_470.jpg

これを見た後はBIGDUMMYですらまともに見えます。

聞けば130kg位まで運べるそうで・・・

何運ぼうか考えるだけでワクワク

自転車を導入している運送会社さん、こんなんで荷物はこんでーなー



MASIのサイクロクロス車


CIMG2659_R_470.jpg

シクロにしては妙に太いタイヤやし、よくよく見れば
CIMG2665_R_470.jpg
シングルスピード!


ごく一部で人気のモンスタークロス(しかもシングル)

こんな変なん作って大丈夫なん?とMASIの先行きに一抹の不安を覚えてしまいましたが、過去にも試しにSSのMTBをちょっと出してた米国大手メーカーなんかの前例もある事やし、何より自分が興味をそそられた時点で不安はどうでもよくなってました。

でも商売目線で見たら絶対こんな自転車売れません。(そう、好きなのと商売とは違います)

でも大好きです、こんなん




米国大手のTREK傘下のFISHERがこんなの出してました。

CIMG2672_R_470.jpg

クロモリの29”ですが佇まいがクランカーですな。

市販もされるようで17万位だそう

ちょっと狙った感があり過ぎる気もしますが、素直な気持ちで見れば「エエなぁ」の一言に尽きます。

CIMG2673_R_470.jpgCIMG2674_R_470.jpgCIMG2676_R_470.jpgCIMG2677_R_470.jpg

結構手の込んだ造り



29er専門ブランド NINER

CIMG2679_R_470.jpg

フルカーボンモデル  


CIMG2684_R_470.jpg

ごっついヘッドまわり


何処で乗るべきなんでしょね?



CIMG2681_R_470.jpg

もう少し現実的と言うか手が届きそうなアルミモデル


この無機質な感じもこれはこれで魅力的

CIMG2682_R_470.jpg
特徴的なフォークの肩

CIMG2683_R_470.jpg
THOMSONのステムもよくお似合い



なんでスチールモデルは展示してないん?





いつも展示が豪華なDTPさんとこのブースには
CIMG2718_R_470.jpg

オートバイ用?と思うようなモデルが


かなりのオーバーサイズヘッドな自分でもすんなり被れたのが嬉しくて
CIMG2719_R_470.jpg

思わずパチリ  適合しないのは分かってるけど夏用のスクーターのヘルメットに良さそう




RAPHAのウェア類でよく露出しているINDIPENDENT FABRICATIONやSPEED VAGENの展示車も御座いました。

CIMG2686_R_470.jpg
こんなヘッドバッジや

CIMG2695_R_470.jpg
こんな手の込んだケーブルガイドを見ると「さすがはハンドビルドやなー」と感心しますが

CIMG2696_R_470.jpg
ここまでくると言葉がありません・・・ゲージュツです


冷静に写真チェックしててあとで気付いた事、それは・・・



部分撮りばっかりで自転車の全体像が殆ど無い!


自分の視点がそんな所ばかりにいってる証拠ですわな。








隙間産業の大御所 東京サンエスのブースにはこんなママチャリが


CIMG2698_R_470.jpg


街にこんな可愛いのが並んでたらいいなあ(ママチャリにワンパニアってのがGOOD!)

CIMG2701_R_470.jpg
ダイアコンペのキャリパーや

CIMG2703_R_470.jpg
ボトルケージ


別にスポーツサイクルやなくても遠出できそうな気がします。

小学生の頃、スポーツ車に憧れて自分の自転車をこんな風にして色々やってたのを思い出しました。
(自分の自転車に対する執着の原点かも知れません)


別に高級な自転車やなくてもいいんです、等身大でも楽しめりゃそれが一番

自転車が自由な乗り物であると言う事を再認識した1台でした。



どんどん出て来いこんな自転車!





CIMG2714_R_470.jpg

何?このサイズ!36インチ?




CIMG2712_R_470.jpg
何?このブレーキ!




CIMG2713_R_470.jpg

BE-ALLのダルマ自転車  正式にはオーディナリー型と言います。

自分が今回のサイクルモードで唯一跨った自転車

ちなみにこれ非売品(販売してもだれが買うねん)

でもフロントハブがフリーだったりでっかいブレーキも装備していたりと実走行出来そうな感じでした。



まあそんな変な自転車で笑顔のむさ苦しいおっさんの画像ではあと味が悪いので最後は








CIMG2720_R_470.jpg
CIMG2721_R_470.jpg

MANHATTAN GIRLの作業(ポスターにサインするの図)姿とその美脚で〆としましょう。


モデルさんだけあってカメラを前に自然にポーズが出来るのは流石プロフェッショナルでしたが、まさか作業中の油断モード時に不意に写真撮られたとは気付いてなかったようです。
 (予定調和やないところが良いのですよ)



以上、何の役にも立たないサイクルモードレポートでした。
スポンサーサイト

自転車≠人に優しい乗り物

 
 ここ数年で街でも山でも本当にスポーツサイクルに乗っている人をよく見かけるようになりました。


 ヘルメットとアイウェアのせいで表情までは見えませんが、きっと皆心でなんでしょうね。

 
 日頃の仕事や何やらで溜まったストレスを体を動かして心を無にして精神を開放する


 とても良い事だと思います。

 
 またそんな姿を見てスポーツサイクルを始めてみようと思う人も多いかと思います。


 最近では専門分野ではない筈の自転車にフォーカスするメディアも増えて、世間一般の認知度も上昇しているようで、自転車で飯喰っている自分としてもとても有難く思います。


 ただ、自転車人口が増える一方でマイナスな一面もクローズアップされているようです。

 
 ロードレーサーでオーバースピードで転落、MTBで入山して転倒、果ては信号無視で人を轢いた


 中には死亡事故に至るケースもあるそうで


 自転車に限らず何でもそうですが、利用者が増えればそれに比例して事故やトラブルも増加するのは世の常
(そうやって文化って成熟していくもんなのかの知れませんが)

 でも、何か自転車って良くも悪くも軽く見られている気がします。


 確かに免許も車検もなく、交通規則や取締りにしても自動車や単車に比べたら緩い


 気軽に乗れるのが最大の魅力でもある自転車ですが、その気軽さが命取りになる可能性も秘めている事も認識せんと取り返しのつかん事に発展します。


 何か自転車に纏わる事を取り上げてる雑誌やらを見てるとエコだの健康増進だの良い事尽くめ


 そんな良い面も確かにありますが、反対に上記のような悲惨な面も常に背中合わせである事をもっと前面に出して警鐘鳴らすべきかと考えています。

 
 それくらい危険性を孕んだ乗り物やと思います、自転車って(特にスポーツサイクルは)


 スポーツサイクル買った皆さん、納車説明はきちんと受けました?正しい乗車姿勢は?ブレーキングは?歩道での立ち振る舞いは?メンテは?

 
 速く走る事はあとからでも何ぼでも練習出来ます。

 
 それより先ず覚える事   安全に走る事ではないでしょうか。

 
 先ずそこを意識せんと折角買った自転車も
CIMG2202_R_470.jpg
こんなんや

CIMG2203_R_470.jpg
こんなんや

CIMG2188_R_470.jpg
注)このホイールはレース中の出来事ですが、事故ってもこんなんなりますよ。



幸いこれらの自転車に乗られていた方は大怪我には成らず済んだのですが、下手したら自分の体がこんな風になったなら、考えただけでも恐ろしや~


まあ、気い付けて乗りましょう。 

自転車=エコロジー?Ⅱ

 

「自転車は環境や家計に優しい、そして健康にも良い!」




 何かここ数年よく見かけるようになった台詞というかキャッチフレーズというか



 確かに今のご時勢に一番フィットした乗り物なのかも知れません。


 

 でも何か自転車やそれらに纏わるモノ全てが地球に優しいように捉えられかねるようなメディアやメーカーの表現にはいささか疑問を感じます。(まあイメージが大切なのは重々わかっとりますがね)



 最近感じる疑問の1つがコレ

CIMG2022_R_450.jpg

 
 シマノに限った事やないですがコンポを単品注文した際にでる大量の空き箱

8点セットでウン万円もするパーツですから箱もそれ相応の物にしてるんかも知れませんし、キチンと分別すればリサイクル可能なのは理解してるにしても





 はっきり言って無駄!
 



こんな箱に入ってても自転車屋で空けられてそのままゴミ箱行きになる確立かなり高し



ならばもっと簡素化してもバチはあたらんと思うんですが・・・



それと対極に位置するのがコレ

CIMG2023_R_450.jpg

ヘッドセットの王様ことChris King


問屋さんから入荷する際も下に敷いてあるビニール袋に入ってくるだけ



「2万円もするパーツの包装がこれ?」てな声が聞こえてきそうですが、その通りでございます。



聞けば本国から日本の輸入元に入荷される時も間仕切りされた段ボールにこの状態で入っているそうな



合理性を重んじる米国の国民性がこんなところにも出てたりします。


「ウチは商品そのもので勝負してるんやし箱なんかどうせ捨ててまうやろ?ほな別にそんな所に金掛ける必要ないやん」


きっとそんな発想なんやないでしょうか。少なくとも私はそう思います。



もし商品のプレミアム感やステータス性を重んじるとしてもDURAやレコードは木箱、下位グレードは傷いかん程度の梱包でええんやないでしょか?



梱包、包装のコストが浮いた分をパーツに反映すればユーザーも販売店も喜ぶし、長い目で見れば地球も喜ぶ筈




まだまだ隙だらけの自転車業界、スムージングが必要そうです。




こんなブログ書いてる自分のお腹まわりもスムージングが必要になってきたようです。



そろそろ自転車乗らななあ 

痛っ!



 久々にやってしまいました。


CIMG1937_R_500.jpg


 雨の日に二輪車に乗る時に忘れてはいけない事を忘れていました





 つい忘れると強制的に痛~い形で思い出させてくれます



 

 スリップ&転倒という形で





 完全防水のレインギアや滑りにくい靴なんて喜んで使っても





 結局は使う己が完全では無いとこうなります。









 CIMG1912_R_500.jpg









 注意一秒怪我一生    

 Oversize?

 好みの服を見つけた時ってテンション上がりますよね。

でも自分がその服のサイズに該当しないと分かった途端今まであがってたテンションが急に下がるもんです。


  
今回私のテンションを上げ下げしてくれたのがコイツら
      ↓               ↓
CIMG1152_R_470.jpg CIMG1153_R_470.jpg


アメリカはサンフランシスコのSWOBOのジャージと7分丈パンツ


 某問屋さんのカタログで見つけた時「そうそう、こんなん探してたんよー」とテンション上げ上げで即注文モードに入りそうになった瞬間、サイズチャートに自分の体格で該当するサイズが無い事に気付き一気に落胆モードへ


 確かに身長180cmの自分は日本人としては大きい部類に入るのでしょうけど、別に自分位の背丈の人間なんて別に珍しくもないのに何で自分サイズのが無いんやろかと疑問と悔しさが入り混じりながらもその場をあとにしました。


 帰宅後も諦めきれずネットで本国サイトをチェックしたところ普通に自分サイズも設定がある事を知り、またまたテンションが上がって気が付いたらメールで「日本まで送ってくれる?」と問い合わせる始末。


 偶然にも同時期に米国在住の妹夫婦が日本に来ると連絡があったので「それじゃそっちに送ってもらうように注文するから日本に持って来て」と妹にお願い。

 で、無事入手して愛用中なのですが、普通より手間が掛かった分嬉しさも大きかったりします。


 インターネットやEメールの普及で海外通販の気軽に出来るようになった現代ですが、少し前までは結構苦労をしていたものです。(私は過去に何度か苦い思いをしているので海外の通販はルーズだと言う偏見が根強く残ってます)

 普通にキーボード叩いて好きな物が世界中から買える世の中なんてほんの10年前までは想像も出来ませんでしたが
今の世の中そんな事も当たり前になってしまいました。

 ほんと有り難い事です。


 この時ほどインターネットの凄さを感じた事はありませんでした。

 
 でもやっぱり買い物は現物を確認してお店とやり取りしながら買うのが一番楽しいという事実は変わりません。


 ですのでせめて服くらいは自分くらいの体格(180cm、76kg)の物もレギュラーモデルにラインナップしといて欲しいモンです。

               
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。