スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 Oversize?

 好みの服を見つけた時ってテンション上がりますよね。

でも自分がその服のサイズに該当しないと分かった途端今まであがってたテンションが急に下がるもんです。


  
今回私のテンションを上げ下げしてくれたのがコイツら
      ↓               ↓
CIMG1152_R_470.jpg CIMG1153_R_470.jpg


アメリカはサンフランシスコのSWOBOのジャージと7分丈パンツ


 某問屋さんのカタログで見つけた時「そうそう、こんなん探してたんよー」とテンション上げ上げで即注文モードに入りそうになった瞬間、サイズチャートに自分の体格で該当するサイズが無い事に気付き一気に落胆モードへ


 確かに身長180cmの自分は日本人としては大きい部類に入るのでしょうけど、別に自分位の背丈の人間なんて別に珍しくもないのに何で自分サイズのが無いんやろかと疑問と悔しさが入り混じりながらもその場をあとにしました。


 帰宅後も諦めきれずネットで本国サイトをチェックしたところ普通に自分サイズも設定がある事を知り、またまたテンションが上がって気が付いたらメールで「日本まで送ってくれる?」と問い合わせる始末。


 偶然にも同時期に米国在住の妹夫婦が日本に来ると連絡があったので「それじゃそっちに送ってもらうように注文するから日本に持って来て」と妹にお願い。

 で、無事入手して愛用中なのですが、普通より手間が掛かった分嬉しさも大きかったりします。


 インターネットやEメールの普及で海外通販の気軽に出来るようになった現代ですが、少し前までは結構苦労をしていたものです。(私は過去に何度か苦い思いをしているので海外の通販はルーズだと言う偏見が根強く残ってます)

 普通にキーボード叩いて好きな物が世界中から買える世の中なんてほんの10年前までは想像も出来ませんでしたが
今の世の中そんな事も当たり前になってしまいました。

 ほんと有り難い事です。


 この時ほどインターネットの凄さを感じた事はありませんでした。

 
 でもやっぱり買い物は現物を確認してお店とやり取りしながら買うのが一番楽しいという事実は変わりません。


 ですのでせめて服くらいは自分くらいの体格(180cm、76kg)の物もレギュラーモデルにラインナップしといて欲しいモンです。

               
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。