スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめまして

 さて此方は自転車店から情報を発信する他の各ブログと違い、一個人が自転車に纏わるちょっとした事を気侭に綴っていくだけのほぼ商売っ気無しのブログであります。
 
 特に自転車だけに拘ってる訳では無く、ただ「日常生活で自転車をよく使う」くらいのスタンスですので、時として単車や食べ物、ビール、音楽など自分の普段の生活に密着している物なら何でもネタになる可能性がございます。

 そもそもこのブログ、主旨自体が曖昧で特に何かを目的としている訳でも無く、ましてやこれで世の中を変えようとか理解を得ようなんて事は一切考えておりません。一個人の独り言が文章になったくらいの感覚でお楽しみ下さい。

 さあ、前書きはこのくらいにしといて
第1弾はネタとしては非常にベタではありますが自転車通勤にちょと触れてみます。


CIMG0513_R_400.jpg
 これが普段乗り+通勤車でございます。
VOODOO Dambala ONE(メーカーの試乗車払い下げ品)に気に入らん所をちょっととタイヤを変更しただけのお気軽仕様。

 まあ特にこの自転車に思い入れがあって買ったのではなく、

①自転車自体がメーカーの試乗車なので安かった。
②その払い下げ車のフレームサイズが自分に合っていた。
③自転車の色が自分の大好きな緑色だった。

てな感じで偶然なのか必然なのか私の手元にやってきたのでした。

 まあ元々シングルスピード(以下SSと書きます)は大好きで今みたいにシングルが浸透する以前からBMXのリアハブを加工してMTBに突っ込んだりチェーンのジャスト切りやギア比に苦労したりとかなり嵌ってまして、このVOODOO買ったのはSSだったのも理由の1つではあるかも知れません。

 通勤ルートは自宅の有る大阪の天満から職場のサイクルショップカンザキ千里山店の有る吹田市の千里山までの片道約13Kmの道程の往復/1日をペダルを漕ぎ漕ぎしてます。

 最初は最短ルートを如何に速く走るかを試すためピストやロードバイクで通ってましたが、確かにそれはそれで走行中は楽しいのですが、日が経つにつれ何か物足りない気がしてたんです。
 距離が足りないとか自転車のスペック云々てな次元の問題ではなく
何でしょ、こう折角自転車で通勤してるのにアスファルトの車道脇を色んな物に注意しながらひたすら走っているだけでは満足出来んかったんですわ。

 ほなどうすれば満たされるんか考えてみると、自転車でしか走れない所をなるべく通勤ルートに取り入れたい、特に土の上を走りたい思いが頭の中を駆け巡ってました。

 偶然にも私の自宅は大川の川沿いに程近く、その川沿いは遊歩道になっていてちょこっとだけダートも存在してました。

大川の遊歩道
CIMG0509_R_400.jpg
 まあ地域住民の散歩道、ジョギング&ウォーキングコースとして存在しているであろう大川の畔を通勤ルートに入れてみました。
 実際走ってみると「気持ちエエー」道でした。
車や逆走自転車を気にしながら行くより
やっぱり僅かでも緑の中を走れるのは良いですね。


と、思いきや
CIMG0510_R_400.jpg
 左側にダート発見!
イケナイ、イケナイと分かってながらもついつい気持ちが優先して左側へ逸れてしまい
ダートコースへGo!


暫く行くと・・・  
CIMG0512_R_400.jpg
 トレイル?やないけどちょっとMTBな雰囲気に浸れるこんな風景もアリ


 気が付けば自転車は
CIMG0514_R_400.jpg
 泥まみれ

 ダウンチューブも
CIMG0515_R_400.jpg
 泥だらけ

写真には撮ってませんが勿論ズボンも泥跳ねまくり
汚れたら着替えりゃいいんですよ。

 大人は普段汚れたら嫌や、濡れたら嫌やと考えてるから泥や水溜りを避けるのであって
状況が許せば泥濘や水溜りの上を「びじゃ~」てやりたくなるもんです。
 通勤途中にこれをやる私は幸せ者なのでしょうか?それとも大馬鹿者なのでしょうか?
(一般社会では間違い無く後者でしょう)

 ダートを楽しんだ後はアスファルトに強制送還されるのですがまだ楽しみはあります。
暫く走ると淀川が見えてきます。
すると

 ガタゴト 
CIMG0516_R_400.jpg
 一部の鉄道愛好家には人気らしい赤川鉄橋に併設された木製の歩行者+自転車専用の橋。
(自転車は押して渡りましょうとの看板がありますが誰一人として押してる人は居ません)
ここを渡って東淀川区に入ります。
 この橋、土台は勿論鉄筋ですが路面や手摺は木製でして、しかもその木が所々腐ってたり
外れかかってたりと最初はちょっとビビりますが、木特有のガタガタゴトゴト音が楽しめます。
 
 橋の上
 CIMG0517_R_400.jpg
 渡っていると下にワンドを眺める事が出来ます。
釣りをしてる人の姿をよく見かけますが、たまに作業着のおっちゃん達も居てまして
多分護岸工事なんぞやってるんでしょうか・・・

 まあそれが仕事なんでしょうが車でワンドにドカドカ入ってくるのは良い印象を受けません。
ワンドなんて自然に出来た物なんですから人間があれこれ手を加える必要は無い
もし仕事として何かするならゴミ拾う程度で十分と思うのですが。
 
 しかし釣りしてる人羨ましい。
私も休みの日に自転車で竿振りに来てみたいです。


 母の愛?
CIMG0518_R_400.jpg
 上新庄には神戸屋のパン工場が在り終日イイ匂いを漂わせてます。
写真では見辛いですが工場の屋根には「日に一度パンを欠かさぬ母の愛」の看板がデカデカと。
(阪急電車からも見えます)
深い意味が有るような無いような・・・
 兎に角何か潜在意識に訴え掛ける不思議なフレーズといい匂いを提供してくれます。


 パン工場直営?
CIMG0519_R_400.jpg
 実はここは本来のルートからちょっと遠回りになるのですが、
パン工場に隣接して売店が在るんですよ。

 前から気になってたので載せてみたんですが、通りがかったAM8:45現在まだ開いてません。
テントの下にはKOBEYA BAKERY SHOPの文字が見えるのでちゃんと神戸屋オフィシャルの
お店なんでしょうが、パン屋のわりにこの時間帯にまだ開いてないのは何故?

 もし普通のパンしか売ってなかったとしても一度はここでパンを買ってみたいです。

後は特に特徴のある建物や店は無いのでひたすら店に向かって漕ぎ続けます。
 

 なだらかな坂道
CIMG0520_R_400.jpg
 上新庄を通過し、神崎川を越えると豊津です。
ここから店までなだらか~な坂道が2キロ程伸びてまして、正直嫌いです。

 坂もあまり好きではありませんがそれより狭い対向車線のわりに多い車、有るのか無いのかよう分からん歩道とこれまた多い自転車と歩行者。

 まあでも写真の右側の車の渋滞具合見てると自転車で良かったと実感します。


 と思っている間に店に到着!
所要時間35~40分
電車で通勤するより速いです。
ただ季節によっては全身汗まみれになるのでパンツの替えまで必要です。
 
 だから実際の私の自転車通勤は冬がメイン
後はレースの前1ヶ月位はなるべく自転車通勤を心掛けてます。

 夏季はよほど自転車やないとあかん理由が無い限り
専らスクーターで新御堂筋をビューンといってます。

 自転車通勤と言えば普通はクロスやロードバイクなどでアスファルトを走り
車に追いつき追い越され、ママチャリを避けて結構神経遣いながらになる事が多くてやり始めても
走る環境によっては長続きしない事もありますが(実際私もそうでした)
いつものルートをちょと見直し、少々遠回りでも河川敷や公園等ちょっとした緑の場所を取り入れてみれば何か気持ちにちょっとだけゆとりが生まれる気がしますよ。

 自転車通勤に行き詰った時は一度お試しあれ。

 それから私と同じ位の通勤距離であれば余程早く走りたいとか、
登り下りが多くない限り変速は無くても十分使えます。
それは実際SSで通勤している非力な足の持ち主の私で実証済みです。

 シングルスピード万歳!

+------------------------------+
+CSカンザキ阪急千里山店で~す。
+  吹田市千里山松ヶ丘26-21
+    TEL:06-4861-8146
+URL:http://www.bikefunn.com/
+Mail cskanzaki@kvj.biglobe.ne.jp
+    毎週火曜日定休日
+担当 正岡
+-------------------------------+
スポンサーサイト

comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。