スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車=エコロジー?

 昨夜何気な~く某自転車雑誌をペラペラ捲ってて見かけた某自転車屋さんの広告
CIMG1166_R_470.jpg
 同業種でも自分と同じような感覚の人が少なからずいるもんだとちょっと嬉しい気持ちになりました。

 何ともユニークじゃぁあ~りませんか。世間一般のエコエコな風潮を皮肉りながらも
じゃあどうすれば良いのか?を考えようと。
 
 自転車ブームにあやかって儲けようとするメーカー、問屋、自転車販売店は数多くあれど
こんな事考えているお店が日本に何軒位あるんやろ?

 別に儲けたらあかんとかエコロジーブームを否定するつもりは毛頭御座いませんが、何か昨今のエコブームって
あんまり中身が無いように感じてならんのですよ。

 例えばエコカー、確かにハイブリッドカーは排気ガス減や低燃費は地球環境に優しいかも知れませんが
だからと言って今までと同じペースでハイブリッドカー使うなら従来型の車を所有してても使用する機会を減らした方がある意味エコロジーやと思いませんか?

 自転車かて一緒ですわ。
いくら自転車が排ガスを出さん、健康増進、お財布にも優しいなど声高に叫んでも
数年乗ってガタが出て修理代がかさむから捨てて新しいのを買ってたら本末転倒なだけやないですか。

 自転車に乗ってくれる人が増えてくれる事は喜ばしい事ではありますが、
その乗り手の各々がどういう感覚で自転車と接しているかによって自転車=エコにもなれば
自転車=粗大ゴミのチャンプにもなる可能性もある。

 つまり何も考えずにエコロジーな商品を買って「これで地球環境を守った」と自分では免罪符を得たつもりでも
使い方、考え方によってはエコロジーにもエコノミーにもならん事だってあるんですよ。

 
自転車に限らず物との接し方についてそろそろ考え見直さんとあかん時期なのではないでしょうか。

 以上、自転車店従業員のつまらん駄文でした。  
スポンサーサイト

comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。