スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗闇

 7月30日(木)午後4時頃

サイクルショップカンザキ阪急千里山店 いきなり停電!
P7300512_R_500.jpg

 まだ夕方だったのと以前にも停電した事があったので 
「またやぁ、面倒臭いなあ」くらいにしか思いませんでした。

 店長は自転車用のLEDライトでブレーカーを調べガチャガチャやってましたが
「???分からん・・・」

 またそんな緊急事態の最中
「すいませ~ん、今日はもうお仕舞いですか?修理して欲しいんですけどぉ」
停電直後からやたらと修理が増えたり

 来店される方々にも悪いので急遽シャッターしめて閉店ガラガラと相成ったのですが・・・

店にいてても何もする事が無いと言うか何も出来ないのです。

 幸いエアコンは別回線だったので店内は涼しかったのは救いでしたが、
他は全滅だったので本当に仕事にならん状況の中

 どんどん外は暗くなり
自分の出来る事はじーっと関電保安協会が来てくれるのを待つ事だけ。

 退屈なので店にあるKNOGライトやCATEYEのサンプル品を照らしあって
インプレしてみたり

 P7300513_R_500.jpg
 CATEYE HL-EL530かなり明るい!

 P7300515_R_500.jpg
 何かサイクルモードのライトメーカーのブースみたい

 
 おっ、こんな所に救いの光が!  激写っ
P7300514_R_500.jpg
 よく○○頭は光ると言いますが
この写真は見事にそれを言い当てたナイスショットです。   
思ってても実際に遭遇し写真に撮る機会はなかなかないもんです。

 とそんなこんなしている間に修理の人が来てくれて対処してくれたお陰で
午後8時頃には復旧しました。(有り難い事です)

 
 約4時間、仕事としては非常に無駄な時間でしたが
ライトのインプレをしたり、不謹慎な○○頭ネタで笑ったりと
何か別な意味では有意義な時間を過ごせました。

 
 それより何より普段我々が当たり前に消費している電気の有り難味を考えさせられる機会でした。

 電気の無い生活・・・
不便で仕方ないです。テレビもラジオもネットもエアコンも明かりも使えない。

 でもそれが当たり前になったら・・・
例えば世界的なエネルギー不足で夜8時以降は電気ストップてな事態が起こったり

 代替エネルギーも見つからないまま本当にこの世から石油が無くなって
電気なしの生活を強いられたりなどと考えると
今までの便利な生活に慣れた人間はどうなるんかと想像してみたら

 皆どんなふうに生活するんでしょうね。

「あの頃がよかったなあ」と不満タラタラ、嫌々夜な夜な過ごすよりは

昔の人達はこの暗がりの中何百年間も生活しててんから自分達もそうしよう、新しい楽しみを
見つけよう!夜はゆっくり過ごそう!


 そんな考えが世の中に広がれば皆の心にゆとりが生まれ
世界中で各国が頭を抱えてる諸問題も自然と解消していくように思ったり

 まあ綺麗ごとではありますが・・・


 

   
 

スポンサーサイト

comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。