スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車≠人に優しい乗り物

 
 ここ数年で街でも山でも本当にスポーツサイクルに乗っている人をよく見かけるようになりました。


 ヘルメットとアイウェアのせいで表情までは見えませんが、きっと皆心でなんでしょうね。

 
 日頃の仕事や何やらで溜まったストレスを体を動かして心を無にして精神を開放する


 とても良い事だと思います。

 
 またそんな姿を見てスポーツサイクルを始めてみようと思う人も多いかと思います。


 最近では専門分野ではない筈の自転車にフォーカスするメディアも増えて、世間一般の認知度も上昇しているようで、自転車で飯喰っている自分としてもとても有難く思います。


 ただ、自転車人口が増える一方でマイナスな一面もクローズアップされているようです。

 
 ロードレーサーでオーバースピードで転落、MTBで入山して転倒、果ては信号無視で人を轢いた


 中には死亡事故に至るケースもあるそうで


 自転車に限らず何でもそうですが、利用者が増えればそれに比例して事故やトラブルも増加するのは世の常
(そうやって文化って成熟していくもんなのかの知れませんが)

 でも、何か自転車って良くも悪くも軽く見られている気がします。


 確かに免許も車検もなく、交通規則や取締りにしても自動車や単車に比べたら緩い


 気軽に乗れるのが最大の魅力でもある自転車ですが、その気軽さが命取りになる可能性も秘めている事も認識せんと取り返しのつかん事に発展します。


 何か自転車に纏わる事を取り上げてる雑誌やらを見てるとエコだの健康増進だの良い事尽くめ


 そんな良い面も確かにありますが、反対に上記のような悲惨な面も常に背中合わせである事をもっと前面に出して警鐘鳴らすべきかと考えています。

 
 それくらい危険性を孕んだ乗り物やと思います、自転車って(特にスポーツサイクルは)


 スポーツサイクル買った皆さん、納車説明はきちんと受けました?正しい乗車姿勢は?ブレーキングは?歩道での立ち振る舞いは?メンテは?

 
 速く走る事はあとからでも何ぼでも練習出来ます。

 
 それより先ず覚える事   安全に走る事ではないでしょうか。

 
 先ずそこを意識せんと折角買った自転車も
CIMG2202_R_470.jpg
こんなんや

CIMG2203_R_470.jpg
こんなんや

CIMG2188_R_470.jpg
注)このホイールはレース中の出来事ですが、事故ってもこんなんなりますよ。



幸いこれらの自転車に乗られていた方は大怪我には成らず済んだのですが、下手したら自分の体がこんな風になったなら、考えただけでも恐ろしや~


まあ、気い付けて乗りましょう。 
スポンサーサイト

comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。