スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偏ったサイクルモード視察

何じゃかんじゃ言うてる間に11月になり冬の気配が感じられるようになりました。


11月といえば自転車に纏わる物としては最大級のサイクルモードと言うイベントが御座います。


自分も大体毎年視察的に見に行ってるのですが、今年は相談コーナーなるブースのヘルプで半日居てたのであまりゆっくりとは見れませんでしたが、私的に「オッ」と思った物も幾つかありました。


大手のブースの注目株やニューモデルなどは殆ど載ってませんので予めご了承を




先ずは久々に大阪にも出展してたモトクロさんのブースの個人的にも大好きSURLY BIKESのニューカマー
CIMG2656_R_470.jpg

 SURLYの中では極めて普通なMTBのTROLL  トロールって北欧の森の妖精の総称ですが山や森を走るバイクが故のネーミングなんでしょうか?

 確かにいいバイクだと思いますが注目すべきはその後ろに付いてる物々しい物体!
CIMG2657_R_470.jpg

引っ張るんやからトレーラーと呼んで間違い無いのですが、これは凄い!


a href="http://blog-imgs-38.fc2.com/b/i/k/bikingbiking/CIMG2658_R_470.jpg" target="_blank">CIMG2658_R_470.jpg

これを見た後はBIGDUMMYですらまともに見えます。

聞けば130kg位まで運べるそうで・・・

何運ぼうか考えるだけでワクワク

自転車を導入している運送会社さん、こんなんで荷物はこんでーなー



MASIのサイクロクロス車


CIMG2659_R_470.jpg

シクロにしては妙に太いタイヤやし、よくよく見れば
CIMG2665_R_470.jpg
シングルスピード!


ごく一部で人気のモンスタークロス(しかもシングル)

こんな変なん作って大丈夫なん?とMASIの先行きに一抹の不安を覚えてしまいましたが、過去にも試しにSSのMTBをちょっと出してた米国大手メーカーなんかの前例もある事やし、何より自分が興味をそそられた時点で不安はどうでもよくなってました。

でも商売目線で見たら絶対こんな自転車売れません。(そう、好きなのと商売とは違います)

でも大好きです、こんなん




米国大手のTREK傘下のFISHERがこんなの出してました。

CIMG2672_R_470.jpg

クロモリの29”ですが佇まいがクランカーですな。

市販もされるようで17万位だそう

ちょっと狙った感があり過ぎる気もしますが、素直な気持ちで見れば「エエなぁ」の一言に尽きます。

CIMG2673_R_470.jpgCIMG2674_R_470.jpgCIMG2676_R_470.jpgCIMG2677_R_470.jpg

結構手の込んだ造り



29er専門ブランド NINER

CIMG2679_R_470.jpg

フルカーボンモデル  


CIMG2684_R_470.jpg

ごっついヘッドまわり


何処で乗るべきなんでしょね?



CIMG2681_R_470.jpg

もう少し現実的と言うか手が届きそうなアルミモデル


この無機質な感じもこれはこれで魅力的

CIMG2682_R_470.jpg
特徴的なフォークの肩

CIMG2683_R_470.jpg
THOMSONのステムもよくお似合い



なんでスチールモデルは展示してないん?





いつも展示が豪華なDTPさんとこのブースには
CIMG2718_R_470.jpg

オートバイ用?と思うようなモデルが


かなりのオーバーサイズヘッドな自分でもすんなり被れたのが嬉しくて
CIMG2719_R_470.jpg

思わずパチリ  適合しないのは分かってるけど夏用のスクーターのヘルメットに良さそう




RAPHAのウェア類でよく露出しているINDIPENDENT FABRICATIONやSPEED VAGENの展示車も御座いました。

CIMG2686_R_470.jpg
こんなヘッドバッジや

CIMG2695_R_470.jpg
こんな手の込んだケーブルガイドを見ると「さすがはハンドビルドやなー」と感心しますが

CIMG2696_R_470.jpg
ここまでくると言葉がありません・・・ゲージュツです


冷静に写真チェックしててあとで気付いた事、それは・・・



部分撮りばっかりで自転車の全体像が殆ど無い!


自分の視点がそんな所ばかりにいってる証拠ですわな。








隙間産業の大御所 東京サンエスのブースにはこんなママチャリが


CIMG2698_R_470.jpg


街にこんな可愛いのが並んでたらいいなあ(ママチャリにワンパニアってのがGOOD!)

CIMG2701_R_470.jpg
ダイアコンペのキャリパーや

CIMG2703_R_470.jpg
ボトルケージ


別にスポーツサイクルやなくても遠出できそうな気がします。

小学生の頃、スポーツ車に憧れて自分の自転車をこんな風にして色々やってたのを思い出しました。
(自分の自転車に対する執着の原点かも知れません)


別に高級な自転車やなくてもいいんです、等身大でも楽しめりゃそれが一番

自転車が自由な乗り物であると言う事を再認識した1台でした。



どんどん出て来いこんな自転車!





CIMG2714_R_470.jpg

何?このサイズ!36インチ?




CIMG2712_R_470.jpg
何?このブレーキ!




CIMG2713_R_470.jpg

BE-ALLのダルマ自転車  正式にはオーディナリー型と言います。

自分が今回のサイクルモードで唯一跨った自転車

ちなみにこれ非売品(販売してもだれが買うねん)

でもフロントハブがフリーだったりでっかいブレーキも装備していたりと実走行出来そうな感じでした。



まあそんな変な自転車で笑顔のむさ苦しいおっさんの画像ではあと味が悪いので最後は








CIMG2720_R_470.jpg
CIMG2721_R_470.jpg

MANHATTAN GIRLの作業(ポスターにサインするの図)姿とその美脚で〆としましょう。


モデルさんだけあってカメラを前に自然にポーズが出来るのは流石プロフェッショナルでしたが、まさか作業中の油断モード時に不意に写真撮られたとは気付いてなかったようです。
 (予定調和やないところが良いのですよ)



以上、何の役にも立たないサイクルモードレポートでした。
スポンサーサイト

comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。