スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD不況はCD布教で乗り切れ!

 CD不況で都心部の超有名店も閉店続きだそうで。

 
 不景気で皆がCD買う枚数が減ったのもあるのでしょうが、今までCDにお金を注ぎ込んでくれてた購買層がこぞってパソコンや携帯電話によるダウンロードで曲を購入するようになったのでCDショップに行かなくなったのが最大の要因なのだとか。

 
 そりゃ便利ですわな、いちいち店出向かずとも小さな画面をポチッとするだけで音楽が聴けて、しかも曲単位で気に入った分だけ買える訳やから。超合理的です。



 一方で大人買いの言葉に甘えて大量にCDを買うマイノリティーも存在する事も確か


 
 買っちゃいました

 CIMG1946_R_500.jpg

一気に6枚

 買ったのは市内某所の怪しい雑居ビルの一角のお店


 全部北欧諸国のバイキング/フォーク、ブラックメタル


 CIMG1953_R_500.jpg

 ノルウェー EMPERORのライブアルバム

 かつてメンバーが殺人や教会放火で逮捕、投獄されたりと問題のあったバンドですが楽曲の構成は素晴しいの一言
 
 
 CIMG1952_R_500.jpg

 こいつもノルウェー WINDIR

 中心メンバーのヴァルファが山で遭難死を遂げた悲劇のバンド  激しくもバックのKEYのメロディーがとても美しい


 CIMG1950_R_500.jpg

 フィンランド  FINNTROLL   

ブラックメタルにポルカやトラッドフォークを織り交ぜたユニークな楽曲は聴き込むと癖になる。  ちなみにVoのVrethは結構な男前 
 

 
 CIMG1948_R_500.jpg

 フェロー諸島  TYR  

バイキング、ペイガン思想のプログレッシブ/フォークメタル  歌メロディー重視でちゃんと歌ってます。




 CIMG1951_R_500.jpg

 ノルウェー  GLITTERTIND 

これもバイキング/ペイガン思想のフォークメタル  自国愛溢れる一作 

 
この系統のバンドは歌詞が母国語なのが多いのではっきりいって何歌ってるのか分かりませんが、逆にそれがエキゾチックで魅力にも感じたりします。(英語歌詞にしないという事は即ちアメリカで売れんでも構わんのでしょうか?)


詞やコラージュされた写真からミュージシャンがどのような考えや想いをこのアルバムに込めたのかなどを想像しながら楽曲を聴く自分にはアナログ、デジタル問わずやはり形として存在する媒体は不可欠ですし、はっきり言って最近のダウンロードして好きな楽曲だけを聴くスタイルには馴染めません。


 いまどきではないんでしょうがCDを買いに行って再生機に入れて聴き終えてジャケットに仕舞うプロセスまでもが自分にとっては音楽であります。



 






関西的清涼飲料

愛飲層は子供からお年寄りまでとかなり幅広く



関西圏の人には馴染みが深いが



関西圏外の人にはあまり知られてない



でも試しに飲ませると皆「美味しい」と声を揃える




そんな不思議な飲み物







CIMG1966_R_500.jpg

サンガリアのひやしあめ



自分でジンジャーエール作ってしまうくらいの生姜好き人間な私のAnother favorite drink


ここ大阪では普通に自販機で売ってます。



 今日の情報社会じゃB級ローカルドリンクとして認知されてるかも知れませんが、関東方面に行く時にお土産に持って行くと珍しがられて結構面白いネタになる一品であります。
(しかも美味しいところがミソ)



ちなみにこのひやしあめ



缶をグルっと裏返すと

CIMG1970_R_500.jpg

あめゆの文字が


冬はあったか~いので売ってます。


あったかいのも冷たいのも美味しいで~

more...

痛っ!



 久々にやってしまいました。


CIMG1937_R_500.jpg


 雨の日に二輪車に乗る時に忘れてはいけない事を忘れていました





 つい忘れると強制的に痛~い形で思い出させてくれます



 

 スリップ&転倒という形で





 完全防水のレインギアや滑りにくい靴なんて喜んで使っても





 結局は使う己が完全では無いとこうなります。









 CIMG1912_R_500.jpg









 注意一秒怪我一生    

自分で出来たぜ!ホームメイド●○●○●○●

  
 ある知り合いから頂いた巨大生姜



CIMG1883_R_500.jpg


 重量350gオーバー


 彼の奥さんのおじいさんが有機肥料で育てたそうで


 喜んで頂いて持って帰ったものの


「さて、どないして喰うべきか?」


生姜焼きにしてもやはりメインは豚肉や野菜、厚揚げ豆腐の上にのせるにも程があるってもんで


 でも生姜好きな自分はどないかしてこのビッグジンジャーを持て余す事なく使い切りたい


 それが生産者に対する敬意やと思うから



 んで思いついたのが


 ホームメイドジンジャーエール


 作り方はインターネットに載ってました。


http://www.ajiwai.com/otoko/make/ginger.htm

CIMG1885_R_500.jpg
今回は赤唐辛子が無かったので七味で代用しました。 


 でレシピに則り台所に立つ事30分余り



 CIMG1884_R_500.jpg

 こんなん出来ました。


 色は何か物語に出てくる魔女が人間に化けて飲ませるマジックポーションみたいですが

 厳密にはジンジャーエールの素(原液)

 ちょっと自分が想像していた色とは違ったので「大丈夫かいな?」と一瞬思いましたがペロッと舐めれば納得間違いなく例の味でした。

 
 CIMG1886_R_500.jpg

これを炭酸水で割ると・・・


CIMG1887_R_500.jpg

 ホイ、出来上がり!



 今回はレシピよりスパイス多めで作ったので市販のコカコーラが販売しているヤツより刺激が数倍強く、最初は咽そうになりましたが、辛口のWILKINSONのジンジャーエールを愛飲している自分としては辛さまで好みで作れるコイツにはかなり嵌りそうです。

 
 余談ですが、北米ではジンジャーエールの事を「Canada Dry」と言うそうです。多分ジンジャーエールでも通じるんでしょうがコーラを「Coke」、サーティーワンは「Baskin Robins」と言う国ですからジンジャーエールも違う呼び方しても納得出来なくもないですね。



 

旬の物を旬のうちに

 
 久々に春らしい旬の食べ物を味わう機会がありました。





 自ら敢えて買って調理してまでは食べようとは思わんけど誰かが作ってくれたのを頂いたりするととても嬉しい食べ物の1つ






 
P5070674_R_500.jpg


 
 自分が場所を借りている建物の大家さんが作ってくれた筍ご飯と煮物


 
 どちらも「旨い!」 でした。


 
 こんな美味しい物を作ってくれた大家さんにとても感謝です。


 いつも仕事中の昼飯はお腹を満たす為にただただ食べてる普段


 
 春、夏、秋、冬 四季おりおり旬の食べ物があるのが我が国日本の良いところ


 
 このご馳走は久々に一口づつ味わいながら頂きました。


 旬の物を旬な時期に頂ける  実に幸せな事であります。


 筍喰って春を感じている間に何だか日中暑く感じるようになりました。


 言うてる間に梅雨が来て夏になるんでしょうね。


 これもまた四季
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。